スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜の季節

先日、猫トモさんからお花見に誘われてちょっと驚きました。


この辺って3月にお花見するんだ!


笑。
「まだ少し早いかも~」とは言われましたが、地元の方だと桜といえばゴールデンウィークなので軽くカルチャーショックですよ。


2013年のあの日から、もう3回目の春が来る。

岩手の3月なんてまだまだ冬みたいなもので、そこにほんの2~3パーセントくらいの春の匂いが混じり始める頃。
ほんの少しの希望と、それを試すみたいな冷たい風。

2013年の3月は、ちょうどそんな空気の中で震えてた。忘れられない3月5日。エアの病名が正式に診断されて、余命宣告された日。
もともとこの季節になると良くも悪くも色々な想いに押しつぶされそうになるのだけど、この思い出が追加されてからはますます、私の心は千々に乱れてしまうよ。

毎週治療に通った道。
朝イチでエアを病院に送り届けて、夕方5時に迎えに行く。1日がかりの点滴を頑張ったエアのために、部屋をぴかぴかに掃除して、エアの好きなプリンやケーキ、ササミを準備して待つ土曜日。
やることが全部済んでしまって、ひたすらお迎えの時間を待つ時間。
傍らに座るハルの背中を撫でながら、いつかこんな風にハルとふたりきりになってしまう日が来るんだ……と考えては馬鹿みたいに首を振って、絶望的な未来を一生懸命打ち消してた。
やっと夕方が来て、エアを迎えに家を飛び出す。病院までの徒歩30分の道のり。
エアが一緒の時は、エアが風邪を引かないように、お外嫌いのエアが少しでも怖い思いを減らせるようにタクシーを使っていたから、一人の時は節約のためひたすら徒歩。
桜並木の川沿いの道をひたすら歩く。下ばかり見て歩く朝の病院からの帰り道と違って、顔を上げる余裕のできる夕暮れの道。
桜のつぼみが少しずつ膨らんで、満開になって、散っていく様を眺めながら歩いた。
やっと会える、エアに会える。ハルとふたりきりという「非日常」から日常に還る時間。この時ばかりは明日のことなんか頭になくて、ただひたすら、今、エアを抱きしめることしか考えてなかった。幸せな時間だった。
エアと一緒に家に帰って、グルグル爆音で喉を鳴らしながら大好きなプリンを食べるエアを眺めて、やっと私の週末が始まる。
そう遠くない未来を見ないフリしながら、すっかり日常になってしまったそんな週末が、ずっと続くような、気がしてたんだけどなぁ・・・。

物理的に離れてしまえば少しは気も楽になると思ったけど、春の気配が近づいてくると、結局どこにいても同じだね。
3.11を受けて堤防を増強するとかで、あの桜並木も近々なくなってしまうらしい。
それでもあの景色や匂いや、あの時感じた気持ちは、一生私の中に春の思い出として残っていくんだろうな。
だけど、エアのことを忘れてしまうくらいなら、ずっと苦しいままでいいとも思ってる。

桜は未だに大好きなんだけどね。
楽しい思い出もたくさんあるから。

今年も一緒に桜を見ようね、エア。

IMG_1800.jpg


IMG_1446.jpg
IMG_1608.jpg
今はきっとこんな顔で私とハルを見てる。


IMG_1284.jpg
大好き。



MIO
Air, Hal
xxx
スポンサーサイト

Happy Birthday 2015

今日は朝起きて会社に行って、いつものようにそれなりに笑ったり怒ったりしながら仕事して、帰りに英会話に行って、いつもながらド緊張しながら個人レッスンでそれなりに楽しく会話をして、
帰宅した途端涙が止まらなくなった。

今日はエアの9回目の誕生日。

エアに触れられなくなって2回目の誕生日。

エアのおかげで、
当時は想像もつかなかったところで想像もつかなかった仕事に奮闘する毎日。
笑ったり、怒ったり、へんこんだり。
それでも片時も忘れることのない、大事な君。

闘病中、エアが首からさげていたチャームは、
今チェーンをつけて常に私の首からさがってる。
いつでもエアに私の心音が聞こえるように、チャームはいつも心臓に一番近い場所にある。
緊張した時、辛い時、悲しい時、嬉しい時、
気づけば首のチェーンを触るのがすっかり癖になった。

何かのニオイ、ふとした音楽、そんなものをトリガーに、未だに私の心は闘病中のあの生々しい感覚を思い出す。苦しくて、寂しくて、所構わず叫び出したくなる。

エアのお気に入りだったプリンはあれからどうしても食べられなくなった。
食べると絶対に泣いてしまうから。

人生の半分以上追いかけている大好きなB'zも、Endless summerだけはCD化された今もどうしても聴けない。2013年のライブDVDだけはどうしても観ることができない。
きっとエアは元気になってライブにも行ける、そんな望みを託して取ったチケット。行けないまま机にしまい込んだチケット。

未だにカミサマが憎くて仕方ない。
いつか死んだら絶対跳び蹴りして腹パンして髪の毛むしってやる。

だけど今日だけは感謝しよう。
君がこの世に生まれてきてくれたことを。
私を見つけてくれたことを。

ただ静かにそこにいるだけで、愛とは何かを教えてくれたエア。
荒んで疲れ切っていた心をそっと癒やしてくれたエア。

どんなに辛い一日でも、その日の終わりに君の顔を見れば元気になれた。
君に抱きついて、温かい体温と静かに上下する胸の音を聞けば、いつでも私の心は穏やかになれた。

君に出会えていなかったら、私はきっと今もひとりぼっちだったよ。

生まれてきてくれてありがとう。
何回言っても足りないくらい、君のことが大好きだ。
会いたくて仕方ない。恋しくて仕方ない。
透明になって、今もずっと隣りにいてくれてるのかな、エア。
触りたいよ。

エアが虹の橋に行ってすぐくらいに、Facebookの海外猫トモさんがこんな詩を見つけて教えてくれました。ミオ、これがまさにエアがあなたに言いたいことよと。

前に一度和訳してみたんだけど、TwitterやFacebookのタイムラインに流れてしまったので、改めてブログに残します。
エアを愛してくれる友達へ。
大切なパートナーを亡くし、泣いているあなたへ。


昨日の夜、僕はこっそり君のベッドを訪ねた。君の顔が見たくなったから。
君、また泣いていたんだね。眠れないのかい。
涙を拭う君の耳元で僕はそっと囁いた。
僕だよ。君を置いていくわけないじゃないか。僕は元気だよ。ここにいるよ。

そして夜が明けて、朝ごはんの時も、僕は君のとなりにいた。
君がお茶を注ぐのを眺めてた。
君はいつも僕のことを考えてばかり。君の手が、もうすぐ僕に届きそうだったのに。
今日、君が買い物してる時も、僕はそばにいた。
たくさん抱えた君の荷物を、ひとつでも持ってあげられたらいいのに。

そして…僕のお墓の前でも、僕は君の横にいた。
そんなに大切そうに僕のお墓を見つめる君に言いたかった。

僕はそんなところで眠ってなんかいないよ。

そして僕は君と一緒にお家に帰ってきた。
不器用に玄関の鍵を開ける君の手に、僕はそっと自分の前足をのせた。

ねぇ、僕はここにいるよ。

君はとっても疲れたように、ぐったりと椅子に座り込んだ。
ここにいるよって、僕は何度も君に知らせようとした。
君が望むなら、僕はいつでもそばにいる。
何度でも言うよ。決して君をひとりぼっちになんかしないって。

すると君はふいに、静かに微笑んだ。
あぁ、やっと気づいてくれたんだね。
その日、夕暮れの静寂の中、
僕はついに、君に寄り添うことができたんだ。

長い一日の終わりに、君があくびをする。
僕はそれが嬉しくて、君にこう言うんだ。
おやすみ。いい夢を。明日の朝、また会おう。

いつかその日が来て、君が

僕と君との間にある、ほんの小さな隔たりを飛び越える日が来たら。

僕は誰よりも先に駆けつけて、君を出迎えよう。

そして僕たちはまた、並んで歩き出すんだ。あの日のように。

君に話したいことがたくさんあるんだよ。
見せたいものもたくさん。

だから、ねぇ、どうかそれまで、ほんの少しの辛抱だ。
君は君の時間を、しっかりと生きて。

そしていつかきっと、僕のところに帰っておいで。



IMG_7962.jpg
今日は、久しぶりにエアの大好きなプリンを買ってきました。
時々しか食べられなくてごめんねエア。だってね、これ食べると泣いちゃうんだよ。

今夜は眠れそうにありません。



MIO
Air, Hal
xxx

エアの贈り物

お久しぶりです。
もう二度と書くことはないだろうなと思っていたのですが、ブログを再開することにしました。
ブログ再開の理由のひとつに、ハルのため、というのがあります。
エアが虹の橋に行ってしまってから、自分の過去ブログを何度も何度も読み返しました。
当時何気なく綴っていた他愛のない日常が、後になってこんなに愛しいなんて思ってもみなかった。でもそうして書きためてきた記事たちは、幸せな時間は確かにあったんだと私に教えてくれました。
もう二度と戻れない時間に触れるのは、私にとってはまだ涙を伴うけど、それでも大きな救いになります。自分の残してきた記録に癒やされながら、この先のハルとの日々も、やっぱり記録に残しておきたい、そんな風に思えるくらいには、前向きになってきたのだと思います。

IMG_6992.jpg
ハル、元気にしてます。
(Twitterやインスタでご存知の方もいると思いますが)
ちょっとブログ再開予定日が遅れてしまったのですが……写真はクリスマス用に撮ったサンタハルちん(笑)。エアがこの世を卒業してしまってからは、前以上に甘えんぼになりました。
少しだけ腎機能に心配も出てきましたが、大丈夫。エアに守られてハルは今日も元気。


今日の記事タイトルについて、少し私の近況を書きます。
実はあれから色々とあって、今はハルふたり東京で暮らしています。
ここに至るまで、今年は本当にたくさんの出来事、出逢いがありました。私にとっては近年稀に見る激動の年と言っても過言ではないかもしれない。

そして、その全部がエアの仕業なんじゃないかと、私は密かに思っているのです。

ちょうど、エアが虹の橋に行ってから半年くらい経った辺りから急に色々なイベントが持ち上がり、そこでたくさんの人と出逢い、繋がりが出来て、それら全てが私の突然の東京転勤、引越しへと繋がっていくという……偶然と呼ぶにはあまりに出来過ぎな、たくさんの予想外を経て、今は東京の本社でこれまでとは全く違う仕事をしています。新しい仕事はこれまでの仕事と比べものにならないほど難しいけど、正直すごく楽しいです。適性も、こっちの仕事の方があるのかも。

まるでエアが「さぁ海音ちゃん、そろそろ泣くのはおしまいにしようか」と、あの茶色い黒糖ぱんみたいなお手々で腕まくり(?)しながらあっちこっち飛び回ってお膳立てしてくれたみたいで、想像すると、少し笑っちゃう。

そうそう、引っ越してきた家の近くには偶然とてもいい猫専門病院があって、ハルはそこで腎機能の低下が「要観察期間から治療期間に入った」と診断されたのだけど、そういうのも含めエアちんてばホント徹底してるなぁなんて思ったりして……。
(とはいえハルはまだCre=1.6。意識的にお水をたくさん飲ませることと、毎日1包のコバルジンが必要なだけなので心配しないでね)

一時期、ハルを可愛がることに罪悪感を抱くことがあり、少し関係がギクシャクしていたこともありました。だけど、そんなものがちっぽけに思えるくらい、エアの愛は大きかったのかもしれない……今はそう思います。
そしてその愛は今も変わらず私たちを支えてくれていて——エアは本当に律儀で男前な相棒だから、うちの子記念日などの大事なイベントの日や私が本当にピンチの時には必ず会いに来てくれるんですよ。夢の中だったり夢うつつの枕元だったり……でもその話はまた今度。

挫けそうになるたびに、自分は変わらず傍にいるよと小さなサインで教えてくれるエア。

彼に触れることができなくなって、2回目の年末がやって来たけど、記憶は未だに色褪せず、今も不思議といつも近くに彼を感じています。

馬鹿な妄想だと笑われるかもしれないけど、もしかしたらエアは本当に天使みたいな存在だったのかもしれないと、今は思っています。それも神さまのとびきりお気に入りの。
お空の上から、当時ボロボロだった私を見つけて私のところに来ようとするんだけど大反対されて、それでもこのままじゃあのひとダメになっちゃうから……って頑張ってくれて。

「じゃあ行ってもいいけどキミはすごく短い時間しかあっちの世界にいられないよ、しかも空に戻るときはすごく苦しむことになるよ、それでもいいの?」

きっとね、そう聞かれてそれでもいいって私のところに来てくれたんだと思う。
そうじゃなきゃ説明がつかないもの。あんなにいい子があそこまで苦しまなきゃならなかった理由なんて。
そう考えると、彼と一緒にいる時にいつも感じていた言いようのない寂しい予感とか、(病気になるだいぶ前から)わけもなく悲しくなって彼を抱きしめて何度も泣いたこととか、一緒に過ごす時間を1秒だって無駄にしたくないという強い思いとか……彼に対して抱いていた不思議な感情も、説明がつくような気がするのです。

最近になって判明したことだけど、エアちんはけっこうドS気味で(笑)、私の毎日は急にハードになったけど、そんなエアが私のために用意してくれた試練なら、きっとクリアできる、クリアした先には絶対に最高のゴールが待ってる、そう信じて今はただただ頑張っています。

遠い未来か案外すぐ先か、いつの日か私が虹の橋に彼を迎えに行く日まで。
あの長く美しい尻尾の指し示す先にはきっとたくさん素敵なことが待っているはずだから、ひとつでも多くのことを経験して、たくさんの土産話を書き留めておこうと思っています。
許されるなら何もかも捨てて今すぐにでも会いに行きたいけど、それはエアの望みじゃないし、温和なエアがシャーって怒るかもしれないので……ハルもいるしね。

なんだか初回からとりとめない文章になってしまいましたが、そんなエアへの土産話とハルとの暮らしの記録に、またお付き合いいただければと思います。

IMG_2661.jpg
よいお年を。



MIO
Air, Hal
xxx
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。