スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday 2015

今日は朝起きて会社に行って、いつものようにそれなりに笑ったり怒ったりしながら仕事して、帰りに英会話に行って、いつもながらド緊張しながら個人レッスンでそれなりに楽しく会話をして、
帰宅した途端涙が止まらなくなった。

今日はエアの9回目の誕生日。

エアに触れられなくなって2回目の誕生日。

エアのおかげで、
当時は想像もつかなかったところで想像もつかなかった仕事に奮闘する毎日。
笑ったり、怒ったり、へんこんだり。
それでも片時も忘れることのない、大事な君。

闘病中、エアが首からさげていたチャームは、
今チェーンをつけて常に私の首からさがってる。
いつでもエアに私の心音が聞こえるように、チャームはいつも心臓に一番近い場所にある。
緊張した時、辛い時、悲しい時、嬉しい時、
気づけば首のチェーンを触るのがすっかり癖になった。

何かのニオイ、ふとした音楽、そんなものをトリガーに、未だに私の心は闘病中のあの生々しい感覚を思い出す。苦しくて、寂しくて、所構わず叫び出したくなる。

エアのお気に入りだったプリンはあれからどうしても食べられなくなった。
食べると絶対に泣いてしまうから。

人生の半分以上追いかけている大好きなB'zも、Endless summerだけはCD化された今もどうしても聴けない。2013年のライブDVDだけはどうしても観ることができない。
きっとエアは元気になってライブにも行ける、そんな望みを託して取ったチケット。行けないまま机にしまい込んだチケット。

未だにカミサマが憎くて仕方ない。
いつか死んだら絶対跳び蹴りして腹パンして髪の毛むしってやる。

だけど今日だけは感謝しよう。
君がこの世に生まれてきてくれたことを。
私を見つけてくれたことを。

ただ静かにそこにいるだけで、愛とは何かを教えてくれたエア。
荒んで疲れ切っていた心をそっと癒やしてくれたエア。

どんなに辛い一日でも、その日の終わりに君の顔を見れば元気になれた。
君に抱きついて、温かい体温と静かに上下する胸の音を聞けば、いつでも私の心は穏やかになれた。

君に出会えていなかったら、私はきっと今もひとりぼっちだったよ。

生まれてきてくれてありがとう。
何回言っても足りないくらい、君のことが大好きだ。
会いたくて仕方ない。恋しくて仕方ない。
透明になって、今もずっと隣りにいてくれてるのかな、エア。
触りたいよ。

エアが虹の橋に行ってすぐくらいに、Facebookの海外猫トモさんがこんな詩を見つけて教えてくれました。ミオ、これがまさにエアがあなたに言いたいことよと。

前に一度和訳してみたんだけど、TwitterやFacebookのタイムラインに流れてしまったので、改めてブログに残します。
エアを愛してくれる友達へ。
大切なパートナーを亡くし、泣いているあなたへ。


昨日の夜、僕はこっそり君のベッドを訪ねた。君の顔が見たくなったから。
君、また泣いていたんだね。眠れないのかい。
涙を拭う君の耳元で僕はそっと囁いた。
僕だよ。君を置いていくわけないじゃないか。僕は元気だよ。ここにいるよ。

そして夜が明けて、朝ごはんの時も、僕は君のとなりにいた。
君がお茶を注ぐのを眺めてた。
君はいつも僕のことを考えてばかり。君の手が、もうすぐ僕に届きそうだったのに。
今日、君が買い物してる時も、僕はそばにいた。
たくさん抱えた君の荷物を、ひとつでも持ってあげられたらいいのに。

そして…僕のお墓の前でも、僕は君の横にいた。
そんなに大切そうに僕のお墓を見つめる君に言いたかった。

僕はそんなところで眠ってなんかいないよ。

そして僕は君と一緒にお家に帰ってきた。
不器用に玄関の鍵を開ける君の手に、僕はそっと自分の前足をのせた。

ねぇ、僕はここにいるよ。

君はとっても疲れたように、ぐったりと椅子に座り込んだ。
ここにいるよって、僕は何度も君に知らせようとした。
君が望むなら、僕はいつでもそばにいる。
何度でも言うよ。決して君をひとりぼっちになんかしないって。

すると君はふいに、静かに微笑んだ。
あぁ、やっと気づいてくれたんだね。
その日、夕暮れの静寂の中、
僕はついに、君に寄り添うことができたんだ。

長い一日の終わりに、君があくびをする。
僕はそれが嬉しくて、君にこう言うんだ。
おやすみ。いい夢を。明日の朝、また会おう。

いつかその日が来て、君が

僕と君との間にある、ほんの小さな隔たりを飛び越える日が来たら。

僕は誰よりも先に駆けつけて、君を出迎えよう。

そして僕たちはまた、並んで歩き出すんだ。あの日のように。

君に話したいことがたくさんあるんだよ。
見せたいものもたくさん。

だから、ねぇ、どうかそれまで、ほんの少しの辛抱だ。
君は君の時間を、しっかりと生きて。

そしていつかきっと、僕のところに帰っておいで。



IMG_7962.jpg
今日は、久しぶりにエアの大好きなプリンを買ってきました。
時々しか食べられなくてごめんねエア。だってね、これ食べると泣いちゃうんだよ。

今夜は眠れそうにありません。



MIO
Air, Hal
xxx
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。