スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イミテーション・ゲーム (THE IMITATION GAME)

土曜日が公開初日だった仮面ライダーと迷って、こっちを見てきました。ベネディクト・カンバーバッチ主演のイミテーション・ゲーム。
ドラマSherlockですっかりハマって以来のファンなので、完全にベネディクト目当て、前知識ゼロでの鑑賞でしたが、予想以上に素晴らしい作品でした。これはベネディクトファン以外も観るべき。

若くして亡くなった英国の数学者アラン・チューリングの生涯を、主に第二次世界大戦中の、ドイツ軍が誇る解読不可能な暗号「エニグマ」を解読し英国を勝利に導いたエピソードを主軸に描いた作品。ベネディクトはこのアラン役を演じている。
ファンなのでどうしても贔屓目になってしまうけど、やはり一番驚かされたのはベネディクトの繊細な演技。アランの抱える大きな孤独や、戸惑い、葛藤が痛いほど伝わってきて、観客が次第に彼に同調し、共感し、時に手のかかる親友や弟、息子に向けるような情のこもったため息や微笑みを漏らすのが館内にいてはっきりと伝わってきた。
ストーリー展開にも無駄がなく、中だるみのようなものもなかったので最後まで緊張感を持って(これは私が完全に前知識なしだったから結末が全然予想できてなかったというのもあるんだけど;)観ることができた。現在と回想が入り混じる構成になっているから、時々混乱するところもあったけど・・・そこは多分私の知識不足な所もあったのだと思う。
キーラ・ナイトレイが演じたアランの婚約者ジョーンもすごく魅力的。アランは同性愛者だったから結局この2人は結婚することはないのだけど、カミングアウトしたアランとそれを聞いたジョーンのやり取りが印象的だった。やっぱり結婚はできない、婚約は解消しようと言うアランに対して、私たちなりの方法で寄り添って生きていけばいいじゃないと言い切る彼女。私はあなたが好きよ、と。

I love you.

じゃなくて

I care for you.

と言っていたのがなんだか、こう、上手く言えないけど心にぎゅっときた。。。
(それにしてもこの人は本当に美人だなぁ)

結局最期まで、アランの孤独は埋まることもなく、事実の通り、彼は自ら命を絶って映画は終わるのだけれど、エンドロールが流れ始めて、そこからじわじわとこみ上げてくるものがあり、気づいたらエンドロールを見つめながらボロボロと涙を流していました。
最愛の者をある日突然失ってしまった彼の心にぽっかりと空いた穴は、何を持ってしても埋めることはできなかったんだろうな。
大切なものがある日突然いなくなる、その理不尽さ。誰にぶつければいいのか分からない怒り、哀しみ、孤独。それは当然私にとってはエアを思い出させてしまうから、思いがけずに共鳴してしまったのか、涙が止まらなかった。
私には彼のような才能も功績もないけれど、自分もいつかこんな風に終わってしまうのかもしれないと思ったら、少しだけ怖くもなったよ。

それから、アランは電子計算機、コンピュータの基礎を築いたわけだけど、現在私たちが当然のように享受している技術の礎になった先人たちの努力や苦労に改めて頭が下がる気持ちにもなった。
すごいよね、彼らがあれだけ苦労して作り上げた巨大なマシンの何百倍も賢い端末を、今はほとんどの人が当たり前のように片手でいじくっているんだから。

それともうひとつ嬉しかったのは、ベネディクトの喋りがシャーロックほど速くなかったおかげか、字幕に頼らなくても半分ちょいくらいは言ってることが分かったこと。
私の英語も少しは上達してきたのかしら。
英語教材の音声が全部ベネディクトだったらもっとやる気出るのになぁ(コラ



MIO
Air, Hal
xxx
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。